(English & Japanese) The Importance and Value for Voting on Corporates and IR Teams in the Executive Team Survey

Thursday, April 29, 2021

 

The Importance and Value for Voting on Corporates and IR Teams in the Executive Team Survey

By Ursula Kizy, Director, II Research Group

 

Many are well aware of the significant place Institutional Investor’s Research Team rankings has among investors and sell-side analysts in the financial community. The II Rankings have become a vehicle by which investors are able to share their appreciation for ground-breaking sell-side research, and research analysts can gauge the effectiveness of their work…the reciprocity between voter and nominee has created not only an exercise in relationship building, but a full throttle dash to be the best research house in the industry.

My role, and that of a few of colleagues at Institutional Investor, is focused not, however, on our Research Team rankings. Amani Korayeim (EMEA), Carvin Lee (Asia), Michael Clemons (Japan) and I (Ursula Kizy, Americas) work to produce II’s Executive Team rankings, whereby investors and sell-side analysts share their views regarding the best executives and investor relations teams, globally. The Executive Team rankings are a respected industry benchmark for publicly traded companies, and have been the gold standard by which corporate executives and their IR teams measure their performance for over two decades.

VP of Investor Relations at Delta Air Lines (U.S.) – “To be seen as a Most honored Company in a year that we were literally fighting for survival of the company means the world to us...so in that vein of ‘keep climbing,’ we’ll continue to push hard to do great work for the investors and analysts who have shown that trust in us. Thank you!”
Head of IR at Santander (Spain) – "The II awards and research are the most prestigious recognition an IR Team can receive nowadays. For me, my team and my management team being acknowledged with these awards is a top priority. They have the advantage of being a third-party, objective and independent evaluation of how we do our job and at the same time they allow the market to convey messages to the companies in a confidential way. I truly believe these awards and research make an invaluable contribution to the financial community.”
IR at Kirin Company (Japan) – “The only true global poll.”

We’re aware of the importance of these rankings for IR teams and executives, and have more recently been speaking with the buy side to discuss important themes in investment decision-making and how that ultimately ties into the evaluation of corporates within the Executive Team rankings.

Change, movement and credibility were recurring themes disclosed by investors and came up repeatedly in conversations. The upcoming decade promises major paradigm shifts both in business and socially.  Which companies are changing or adapting to new business models to maximize profits and revolutionize their industry? These changes, or lack thereof, can weigh heavily on investment decision making.  Regarding movement, CEO or CFO departures could de-stabilize a company that doesn’t have an appropriate succession plan in order. Furthermore, will a CEO who moves from one company be able to successfully apply a previous business strategy to their new corporate home? Due to the pandemic, CEO turnover hit its lowest levels in two years, but is poised to make a resurgence in the second part of 2021, so investors will be closely following these moves. Credibility was a hard-hitting topic. A CEO’s or CFO’s credibility is determined by consistency between communication and messaging with follow through in business strategy, capital allocation, and balance sheet. Stickiness of long-term stakeholders can be compromised when the C-suite’s communication doesn’t match his or her actions. IROs weren’t excluded from the requirement of credibility either. In fact, the words “credible,” “honest” and “trustworthy” were noted in verbatim investor commentary within the survey process of the All-America Executive Team more often for Investor Relations Officers than for executive management.

Institutional Investor’s Executive Team rankings aim to uncover these trends in company success by tracking long-term year-over-year winners that have demonstrated the ability to innovate and therefore remain relevant and successful, or the rising stars – those companies that seemingly rise through the ranks from near obscurity. The most successful CEOs who move from one company to another, tend to take their 1st place positions with them, as do strong CFOs and IROs.

By voting in the rankings, investors are able to put their admiration and appreciation on display, but are also taking part in ensuring that business strategies remain nimble and sustainable, and hold executives and IR teams to high standards of consistency and trustworthiness.

 

Japanese Translation

エグゼクティブ・チーム・サーベイにおいて企業及びIRチームに投票する重要性と価値

2021年4月29日木曜日

 

エグゼクティブ・チーム・サーベイにおいて企業及びIRチームに投票する重要性と価値

 

ウースラ・キジー(Ursula Kizy)、IIリサーチ・グループ・ディレクター 

 

インスティテューショナル・インベスターのリサーチ・チームによるランキングが金融業界の投資家やセルサイドのアナリストの間で重要な地位を占めていることは多くの人々に知られています。IIランキングは、画期的なセルサイドの調査についての評価を投資家が共有するためのツールであり、リサーチアナリストは、自分達の仕事の効果を客観的に測ることができます。投票者とノミネートされている人の間の相互作用によって、両者の間の関係構築が行われるだけではなく、業界で最高の研究を行うために全力で仕事をする動機が与えられています。

 

しかしながら、私やインスティテューショナル・インベスターの同僚の役割は、リサーチ・チームのランキングに焦点を当てたものでありません。アマニ・コライェイム(Amani Lprayeim )(欧州中近東アフリカ), カービン・リー(Carvin Lee) (アジア)、マイケル・クレモンズ(Michael Clemons) (日本)そして私ことウースラ・キジー(Ursula Kizy)(米州)は、IIのエグゼクティブ・チーム・ランキングの作成に取り組んでいます。それにより投資家とセルサイドのアナリストは、最高の経営幹部と投資家向け広報チームに関する見解を世界的に共有しています。エグゼクティブ・チーム・ランキングは、上場企業についての重要な業界のベンチマークであり、企業の経営幹部とそのIRチームが20年以上にわたり、その実績を評価するための重要な判断基準になっています。

 

デルタ航空(米国)の投資家向け広報担当副社長-「私たちが文字通り会社の存続のために闘っていた年において最も名誉ある会社とみなされたことは、私たちにとってかけがえのないことです。このような「上昇し続ける」ことについて、私たちへの信頼を示してくれた投資家やアナリストのために素晴らしい仕事をするために引き続き努力します。ありがとうございました。」

 

サンタンデール(スペイン)のIR責任者-「IIの賞とリサーチは、今日IRチームが受け取ることができる最も権威ある賞です。私や私のチーム、そして私の経営陣にとって、この賞を受賞することは最優先事項です。IIは、第三者であり、客観的に独立して私たちの仕事のやり方を評価するというメリットがありますが、同時にマーケットが秘密理に企業にメッセージを伝達することを可能にしています。この賞とリサーチは、金融業界にとって計り知れない貢献を行っているものと心から信じています。」

 

キリン(日本)のIR-「唯一の真に世界的な世論調査」。私たちは、IRチームと経営幹部にとってのこのランキングの重要性を認識しており、最近では、投資における意思決定における重要なテーマと、エグゼクティブ・チーム・ランキング内にある企業の評価が最終的にどのように結びついているかをバイサイドと話し合っています」

 

変化、人事異動そして信頼性は、投資家により繰り返し取り上げられるテーマであり、会話において繰り返し登場します。今後10年間にビジネスと社会の両方において大きなパラダイムシフトが起こることが見込まれています。企業は、利益を最大化し業界に革命を起こすために変化するか、新しいビジネスモデルに適応することになります。こうした変化、あるいは変化の欠如は、投資の意思決定に大きな影響を及ぼす可能性があります。人事異動に関しては、CEOやCFOが離職した際、適切な後継者計画が整備されていない企業が不安定化する可能性があります。さらに、ある会社から異動してきたCEOは、以前のビジネス戦略を新しい企業にうまく適用できるでしょうか?パンデミックにより、CEOの転職率は2年間で最低レベルに達していますが、2021年の後半には回復することが見込まれているため、投資家はこうした人事異動をしっかりとフォローしてくるでしょう。信頼性は難しいテーマです。CEOやCFOの信頼性は、発出されるコミュニケーションやメッセージと、ビジネス戦略、資本配分、バランスシートといった実際の行動や結果の間に一貫性があるかどうかによって判断されることになります。企業の幹部によるコミュニケーションがその行動と一致しない場合、長期的な利害関係者の忠誠度が損なわれる可能性があります。IROも信頼性の要件から除外されていませんでした。実際、「信用できる」、「正直な」、「頼れる」という言葉は、全米エグゼクティブ・チームの調査過程における投資家の逐語的なコメントにおいて、経営幹部に対するよりも、投資家向け広報担当者に関して多く記載されていました。

 

インスティテューショナル・インベスターのエグゼクティブ・チーム・ランキングは、イノベーションを行う能力を示し、それにより有意義で成功し続けていることを実証している長期間にわたり対前年比で勝っている企業と、目立たないところからランキングを上がってきていると新星ともいうべき会社を追跡することによって、成功した企業におけるこうした傾向を明らかにすることを目的としています。ある会社から別の会社へ異動する最も成功したCEOは、強力なCFOやIROと同様、前の会社の1位の地位も同時にもたらしている傾向があります。

 

ランキングに投票することによって、投資家は、その称賛と感謝の気持ちを表明することができますが、投票はビジネス戦略が機敏でありかつ持続可能であることを確保するために参加するものでもあり、また、企業幹部とIRチームに高い水準の一貫性と信頼性を維持させるものでもあります。

 

 

著者:インスティテューショナル・インベスター・リサーチ

 

 

Author: Institutional Investor Research

Add comment

Log in to post comments